埼玉県三郷市 山内眼科 http://www.eye-sophy.jp

埼玉県三郷市 山内眼科


院長交代のお知らせ

平成3年5月開院より、長きに亘り当クリニックをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。
眼科診療を身近に感じていただき、親しまれるクリニックを目指してその時代時代にマッ チした診療を続けて参りましたが、この度諸般の事情により平成29年10月1日をもちま して院長交代をさせて頂く運びとなりました。

10月からは、眼科専門医、西本文俊先生( 慈恵医大卒 )に院長を引き継いで頂きます。 クリニックの名前も「西本眼科」として生まれ変わります。
山内が培ってきた診療内容に準じ、またそれ以上のスキルを盛り込んだ診療を同じ場所で 同じスタンスで継続して頂く事になります。
何卒、引き続きご利用下さいますよう、ご案内申し上げます。

当クリニックの当初の目標は三郷地域の子供達の目をお守りすることでした。
当時当団地は子供達が溢れておりまして、当院でも常時50人台の斜視、弱視児童を抱え、 日々その治療および訓練に追われておりました。当時の可愛いお子さん達は負担のかかる 訓練を乗り越えて無事に視力を獲得し、今では立派に成人されました。

年月とともに外来も高齢化社会を迎え、緑内障などの成人病を扱う場面が多くなりました 。その間に眼科器械もめざましい進歩を遂げ、当院でもその都度検査器械の刷新を図り、 沢山の緑内障や網膜疾患をピックアップすることが出来るようになりました。
日本人の失明第一位の緑内障に関しましては特に力を注ぎました。早期発見しては眼圧 、視野の管理をし続けた年月でした。ともすると煩わしい毎日の点眼を私が指示したとお りに続けて下さった結果、多くの方が視野の進行を食い止める事が出来たではないかと思 っております。

開院して26年の間に、手術に至るまでに進行してしまった方がいなかったのは幸いでした 。私山内は、まだしばらく診療の場を離れず、近隣の御施設様のお手伝いをし続け、眼科医療 の進歩を見続ける所存でございます。長い年月の間に来院して頂きました皆様には、沢 山のことを教えて頂きまして、人生の糧となりました。本当にありがとうございました。この場を借りて、深く御礼申し上げます。

なお、西本眼科の準備期間としまして、9月24日から9月30日までは設備点検・清掃のため 休診とさせて頂きます。ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願 い申し上げます。

平成29年8月21日

山内眼科院長  山内啓子